40歳前半(現在)②

今現在は、TゾーンがオイリーでUゾーンがやや乾燥気味、
そして皮膚が薄いので保湿力が弱く、
インナードライ肌に類する(いえ、多分そう。)ではないかと思います。

 

オフィスがとにかく乾燥していて、加湿器3台をフル稼働でも湿度40%前後。
環境やストレスの管理はこれからも私の課題です。
そして、これまでの試行錯誤から、お肌のケアに加えて、
40代以降をいかに美しく過ごすか、ということにも興味がでてきました。

 

某整髪料メーカーさんで2年間の社員教育をさせていただいた関係で、
「アンチエイジング」や「トータルケア」の情報も入ってくるようになり、
食事内容やカラダのメンテナンスも以前より気を配るようになりました。
これらについてはコラムでその都度お話していきたいと思います。

40歳前半(現在)

40歳になったばかりの春先。
「季節の変わり目の乾燥肌見本」のような状態になり、
なにを塗っても皮ムケが治まらなかったのですが、
たまたまご招待いただいた百貨店のイベントで
フランスのオーガニック系のコスメブランドSisleyを紹介されました。

 

ほとんど直感的にコレ!と思い、
美容部員さんに相談すると保湿マスクを提案されました。
洗い流すタイプのもので、入浴中にも使えるものです。

 

試供品をいただいて早速使ってみたところ、一週間で乾燥肌から脱却。
皮ムケもなくなり、お肌のコンディションもツルリと良くなりました。
もともと私は体質的に漢方よりも西洋ハーブと相性が良いので
(同じ素材でも加工の仕方やブレンド方法が違うのでしょうか?)
反応も早くでたようです。

 

残念ながらSisleyさんはその製造理由により1個単価がお高いのがちょっと…。
けれど、効果は大きいので肌質が完全に落ち着くまでの約1年間、
基礎化粧品~ベースメイク用品のお世話になりました。

 

ま、落ち着くといっても混合肌でやや乾燥気味というのは変わらないのですが、
これは職場環境やバイオリズム、もちろん年齢も関係あるので、
ほどほどにバランスがとれていれば良いとしています。

30代前半

この頃は、お肌の悩みは乾燥くらいで、
比較的状態良く過ごしていました。
敏感肌と混合肌を両天秤にかけて、
うまくバランスをとっていたと私は思います。


もともと化粧品はそのメーカーさんのものを
ラインで使うのが好きなのですが、
肌状態を維持するためには
基礎化粧品もメイク用品も数社を組み合わせて、
リップはA社、ローションはB社とC社、ファンデーションはD社とE社、
という具合に「メーカー混合」にせざるをえないのが、
正直面倒っちゃあ面倒。

 

ただ、私にとっての「正解」がこのパターンなので、
仕方ありません(笑)
また、全体のコンディションを維持するために、
エステに通うようにりました。
某大手エステサロンに5年ほどお世話になりましたが、
その成果があったかどうか、実は今もってよくわかりません。
マッサージは気持ちいいですし、それなりに丁寧な扱いをしてくれますので
「エステはご褒美」というのは本当です。


が、私はどうにもケミカル化粧品とは相性が悪く、
勧められても使えないことがわかっているので、
施術中の店販攻撃をのらりくらりとかわしつつ、
美容情報はしっかり聞きだして帰る、
という扱いづらい客だったのではないかと思います。

 

私の場合、お肌と体調は密接な関係にありました。
お肌の調子が良くないと決まって便秘になりました。
便秘の原因は寝不足、ストレスでした。
仕事がいそがしくて睡眠時間が少なくなったり
仕事のストレスが多いと、便秘とお肌の調子に出たので
私は体調、時間管理には気を遣っていました。

20代後半(敏感肌②)

敏感肌になったおかげで、「これ、いいよ」と勧められる化粧品にも
なかなか手が出せないほど臆病になっていた私ですが、
TVショッピングで「ミツイコスメティックス」の
オーガニックハーブを使った化粧品が紹介されているのを見かけました。

 

これまでのケミカル路線とは違い、植物成分が主原料です。
契約農園を持っていることにも魅力を感じ、
これならお肌にいいかも…と、
お試しで「ミツイハーブインコンクC-2(シミコンク)」を使ってみました。

 

その結果、信じられないことに1週間で肌が落ち着き、
普通にお化粧できるようになりました。
天然ハーブのチカラに感動して、
すぐさま基礎化粧品~メイクアイテムまでをミツイのラインで揃え、
あれほど御世話になったクリニークさんとは、
ふきとりローションとポイントメイクアイテム数点以外は
すべてサヨナラすることに。


肌質変わるってこういうことなんだな、としみじみ感じた出来事でした。


これをきっかけに、通販で流通している他社の自然派化粧品や
ドクターズコスメなどもいろいろ試し、
肌質に合ったものを季節や肌状態に合わせて使い分けするようになりました。


通販系化粧品は店頭で試すことができませんから、
ある程度のリスクは自己責任で、それなりにお金もかかりました.


おかげで化粧品の経験値はかなり上がりました。

敏感肌①~20代後半

この頃、恩師からのお誘いで別の会社に転職しました。
週休二日の勤務形態だったのが不定休になりましたが、
仕事が面白くてついつい遅くまで残業してしまうこともしばしば。
体力に任せてあまり休みを取らずにいたら、
無意識にストレスが溜まっていたらしく、
あるときから肌質がガラっと変わりました。
いわゆる、「敏感肌」になってしまったのです。

 

「敏感肌」は、乾燥などによりお肌のバリア機能が低下し、
外からの刺激に反応しやすくなっている状態をいいますが、
私の場合はおそらく、
ストレスが原因でアレルギー体質になったことが「敏感肌」の誘因だと思われます。

 

今まで使っていた化粧品がだんだん合わなくなってきて、
おかしいな、困ったな、と思っていたら、
湿疹や痒みが出るようになってしまって。。。
接客業のため、すっぴんで仕事をするわけにはいきませんから、
慌てて国内外のメーカーを試しました。

国産・外国産に関係なく反応がでてしまいます。
そしてとうとうお化粧ができなくなり、
そのうち顔だけでなく、
身体の皮膚全体が過敏になってしまって、
ちょっとした刺激ですぐ炎症を起こすようになりました。


たとえば、普通の人なら気にもならないような
ハウスダストで顔や手に湿疹ができたり

オフィスのリフォームのために天井を剥がしたら、
建設資材の粉じんに負けて顔が真っ赤に腫れてしまったり。

サラミを食べた翌日にデコルテ一面に蕁麻疹が出て、
皮膚科へ飛びこんだこともありました。
食器洗い用の合成洗剤やお洗濯用の柔軟仕上げ剤でも赤剥けになるし、
肌に優しいとされている有名メーカーの化粧品も全然合わないしで、
さすがに泣きたくなりました。